【経験者が分析】ネットワークビジネスの失敗談、投資系ビジネスも・・・

 

本日は20代前半でネットワークビジネスや

他力本願な考えで生きていたが故に失敗した私の体験談をお伝えしていきます。

 

このメディアを見ていただいている多くの人が10-30代と「これから」の方が多いはず。

 

今となっては失敗経験は「勉強になった。」と感じていますがこれを見ていただいている人は是非今日の話、境遇と似た環境に今いる場合は何かの参考にしていただければと考えています。

 

まずは自己紹介

自己紹介

↑こちらも併せてご覧ください。

私は、親が銀行員で高校は進学校、大学も推薦入学、就職活動もいわゆる”普通に”他の人と同じようにしていました。

しかし元々、お金を稼ぎたいと思っていましたし何をするかなどは決めておらず「社長になりたい」と漠然としたあるあるの夢をもっていました。

 

そして新卒として入社した会社に在職中、社会人サークルをしていると称して活動している団体の人に街で声をかけられました。(ネットワークビジネスの勧誘あるあるです)

そして、その団体の偉い人の話を聞いて、知識も経験もない私は「この人すごい」「こんな人になりたい」と思ってしまいます。

ネットワークビジネスの始まりはこの時でした。

 

その後はあらゆる交流会というもので勧誘する人を探したり、出会い系アプリを勧誘の為に利用したり、組織内では上の人の誘いは断らないようにして「学び」と自分に言い聞かせて走っていました。

 

もちろん周りからの批判もあったので「このままでよいのかな」と感じる場面もありましたが

 

金も知識もない自分は

他力本願で、この人といれば・・と思ってしまっていましたm(__)m

 

 

友人に勧誘して関係がきれた人もいますし、応援してくれる人もいました。

 

 

しかし、大きな収入になったかといえば、なりませんでした。

 

 

実際に稼げない自分はどう思っていたかというと

  • あいつはうそつきだ
  • あいつに騙された

このように思っていました。

 

自分で選んだ道なのに

最後は周囲の責任にしてしまっている自分がいました。

 

他力本願で「このすごい人達がなんとかしてくれる」と心のどこかでずっと思っていたからです。

 

 

自分が成功したい・・と思ったきっかけを作ってくれたのはその人達でした。

そのきっかけまでは良いのですがその後の行動はその人達の責任であるはずがないのに、責任転換していたのです。

 

 

もし、ここまでの話で自分自身の話と似る部分がある方は覚えておいてください。

 

人生はあなた自身のものです。

周りから言われた事を都合の良いように捉えて、自分を正当化するのは辞めましょう。

 

あなたの人生、責任を負うのはあなたです。

周囲の意見に流された選択をして言いくるめられているだけであれば黄色信号です。

 

最終的に「騙された」なんてのはただの被害者意識でしかなく、「騙された自分が悪い」としっかり反省して次に生かさなければいけません。

 

もし今、悩んでいても

  • 失敗したとき自分で責任をとれる。
  • 周囲の責任にしない。

そう言い切れる方は今のまま継続してください。

 

正直、仲間に裏切られたと感じていた時の、当時の感覚はとして「絶望」でした。

 

失ったものが多かったからです。

友人、彼女、お金、時間(約1年間)

 

 

人を信用できなくなり、自分の夢を断とうとしました。

 

しかし大丈夫。

 

 

人生、まだまだこれから

 

 

人格をしっかり築いて、悪い人に頼ろうとしない

甘い話には何かある

 

そう思って、まっとうに起業および社会への価値提供しようとすれば盛り返せます。

 

自分は当時自分からお金や時間を搾取した人達を見返す事をモチベーションに気持ちを高めています。(報復をしたいなどとは思っていませんm(__)m)

 

 

 

お金を稼ぎたい

 

そんなあなたの想いも大賛成です。

 

でも、お金を稼ごうとしてお金ばかり追わないでください。

 

「他人に喜ばれる」

「どんな価値提供できるかな」

 

先義後利を念頭に置いていれば、お金は後々ついてきます。

 

そのマインドで日々過ごせるか・・

 

 

焦らず、一歩一歩進んでください。

 

P.S|ネットワークビジネスってどうなの!?

ここでネットワークビジネスに言及しておきます。

一言でいうと「やりたきゃやればよい」です。

 

ただ、人を勧誘して、お金を出してもらって・・その人を勧誘させて・・

これができるなら起業はできちゃいます。

無理に社会的に批判される仕事(仕事とは呼べませんが)はやらなくても良いのでは・・というのが個人的な意見です。

 

ネットワークビジネスをやりたい!と思うのは電車広告を見ているのと同じです。

 

知らなかったものでも広告をみて「あ、これおもしろそう」という経験はあるかと思います。

 

ネットワークビジネスを勧誘する人も「興味付け」「アプローチ」「提案」をしてあなたの心の中に「需要=購買欲求」を創り出しています。

 

いわゆる営業です。

その広告に一時的に熱を帯びてるだけなので衝動買いと同じです。

 

ネットワークビジネスの営業を受けて「すごい~~」「お金稼ぎたい」そう思うのであれば他社(様々な仕事や起業の仕方)を学んで、比較をしてからやりましょう。

 

服を買うときもあなたは一つの店舗だけ見るより複数の店舗を見る方が自分に合ってるものを見つけられる可能性は広がるはずです。

 

仕事でも同じ事をしましょう。

めんどくさがる人は本気ではないので、営業マンに流されてOK

 

本気の方は、是非参考にしてみて下さい。

 

少し意見に偏りのある内容になったかもしれませんが自分の実体験も踏まえてお伝えしました!

 

何かの参考になればと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。