20代の成功者が必ずしてる【習慣】最新版!見逃すと、20代を後悔で終えてしまう全容大公開!

 

キャリアも恋愛でも、自分の人生を左右する20代・・

成功者を目指す10代、20代の若者は多いかと思います。

 

本日はそんな【人生で最も重要な10.20代】で成功者と呼ばれる人がしている習慣や、20代にしておきたい事などを改めてまとめました!

 

前回の「20代でやるべきこと」では社会人として重要な部分をお伝えしましたが、今回は成功者の思考という高い視点にフォーカスしています。

 

起業を考えている、いずれは起業を・・

そんな方も是非、最後までご一読ください!

 

20代が重要な理由|今、変わらなければ変われない

まず、20代がなぜ重要なのか。

大きく理由は二つあります。

20代で自分の癖は出来上がる

20代での行動習慣、思考習慣はその後の人生においての自分の人格を創り上げます。

行動すれば、30代以降も行動できポジティブな人になれます。

周囲からの助言を受け入れない、素直じゃない自分を正当化し続けたら30代で痛い目を見ます。

そして失敗を他責にして『自分は悪くない』と自分自身を正当化すると、30代でも同じことを繰り返します。

 

これらはすべて、20代でする選択で決まります。

 

特に、30代となると過去の自分を否定したくない【自己防衛】が働き、自分は失敗していないと思い込みたい【自己正当化】が作用します。

 

そうならないために20代は

人生のベース期間と思って全力で生きる必要があります。

考えて行動を起こさないまま進むと30代以降でツケが回ってきます

 

仕事や人生にどう向き合うべきなのか、しっかり理解したうえで日々取り組む必要があります。

 

20代を終えてからだと踏み込みにくくなる

30代になると

なかなか20代のようなアクセル全開がしにくくなります

 

周囲の成功を目にして「自分も…」とは思うが「失敗したら…」という安定志向

 

家族、パートナーを持っている人であれば「リスクは冒せない…」など

 

早くに踏み出さなければ「こんなはずじゃなかった」という30代になってしまいます。

 

 

20代にしておきたい事|成功者の習慣

なぜ20代での行動が重要かご理解いただけたでしょうか!?

ここから実際に20代での成功者が実際にしている習慣をご紹介します!

20代で成功する習慣|考えるより、まずは行動している

20代で成功者と呼ばれる人は

まず「行動」を大事にします。

不安や失敗の恐れは必ずだれでもあります。

 

しかし、やってみなければその不安は幻想でしかないのです。

やってみて出てきた課題は解決すればよいだけ。

「悩んでる暇がない」というのは幻想と戦っているだけだからなのです。

 

あれこれ不安を考える癖がある人は

直面して行動が遅れそうであれば、その不安を解決すればよいだけと思ってください。

 

注意

成功者は、すごいから成功したのではありません。

上記のように直面する課題をしっかりクリアして一歩一歩進んだからです。

 

20代で成功する習慣|決めた事は最後までやり切る

ここは先ほど挙げた「癖」にと関係します。

多くの人が決めた目標を途中で投げ出したり、目標を下げて妥協+自己正当化してしまいがちです。

 

器用に物事をこなす人でもこの癖があると中途半端な成果で終わってしまいます

 

「自分との約束を守る」

信頼が重要な社会で成功者がしている習慣です。

 

自分との約束が守れなければ、周囲やお客様との約束もなかなか守れません。

肝に銘じて”自分を律する”を実践しましょう。

 

20代で成功する習慣|目標や人生の方向性を考えている

20代でやるべきこと」でも挙げたように目標をしっかり定める事。

それは時価総額20億の社長になる!みたいな大きな目標である必要はありません。

 

今、どこかで勤めているのであれば

「今月の目標数値は〇〇でいこう」

「3か月先、6か月先の目標は〇〇」

などでよいのです。

 

要は、自分がどこに向かっているのか、なぜしているのかを「考える習慣」が重要なのです。

その習慣が「まずは行動」に繋がったり、自分のやるべき事の明確化につながります。

 

補足

夢と聞くと先の事を考えがちですが

少し目の前の現実的なものに目を向けてみましょう。

 

そこから大きな夢が見つかったり、広がっていきます。

考える事という行動…

 

この文章をお読みいただいた

今日からすぐ始めてみましょう。

 

20代で成功する習慣|自分自身としっかり向き合えている

20代の成功者がしている事

「自責にしてしっかり自分の課題としっかり向き合う事」

 

例えば想像してみてください

  • 自己正当化して自分の非を認めない人
  • 失敗は周りのせいだと言う人
  • 目標達成できなさそうなら、諦める人
  • 目標を途中で妥協して下げる人

上記のような人は、自分の成長や成功は大概ありません。

 

「なぜうまくいかなかったのか」ポジティブに考える思考こそ、20代での成功者の鉄則です。

 

できないから悲観していても何も変わりません。

妥協の人生を歩まないよう、重要なポイントです。

【他責とは?】劇的に仕事・人生が変わる思考法の最新版!徹底解説

2020年12月27日

 

20代で成功する習慣|失敗よりもリスクを選択している

20代での成功者というのは思考に大きな違いがあります。

 
〇〇が心配だな・・うまくいかなかったらどうしよう

なんてことはほとんど考えません。

 

僕自身、独立するまではとても心配性な人間でした。そしてチャレンジはリスクだといつも安全な道を行く人間でした。

 

しかし勇気を出して、踏み出してみるとやるしかない状況で、その環境が自分自身を変えてくれたと言っても過言ではありません。

「どうしよう」ではなく、課題にぶつかったとき、あるいはぶつからないように事前に解決していくのです。

 

最初は不安かもしれませんが

踏み出して「必ずやる」「やり遂げる」と決意してできるフリを続けるとこの思考は身に着きます。

 

行動ができなくとも、まずは思考から変えてみるのも良いかもしれません。

思考が変われば起業への一歩を踏み出せたり、ポジティブになる可能性があります!

 

是非試してみてください。

【非言語行動が人生を変える】フリを続ける重要性

2021年1月9日

 

いずれは起業を…というあなたへ

 

まずは今の会社で学んで…

いずれは起業…

 

そんなあなたは黄色信号です。

 

もしかしたら、なかなか踏み出せないまま20代を終えてしまうかもしれません。

そもそも、勤めている会社で「学ぶ」というスタンスが少しずれているかもしれません。

 

大学等のように「学ぶのにお金を払う」は正しい形です。

 

しかし、社会人になり、お金をもらう立場に変わりながらも「まずは学ぶ」というのは大学生までの思考をそのまま引き継いでしまった身勝手な思考とも言えます。

 

「会社に価値を見出しきった」

そう思ってから起業してください。

責任感という意味でもあなたが悪い癖をつけない為に少し耳が痛い内容かもしれませんがあえて言及致しました。

 

行動する中で失敗はします。

そこからどうするかが一番の「学び」で20代で成功者と呼ばれる人は皆通っている道です。

 

今ある立場に全うするのか

自分の想い(起業)を選択するのか

 

いずれにしても、あなた自身の選択を正解にするのもあなたしかいません。

 

環境が~

先輩が~

お客様が~

 

などが関係ありません。

正解にできるよう、しっかり目標を定めて走り出しましょう!!

 

【非言語行動が人生を変える】フリを続ける重要性

2021年1月9日

【他責とは?】劇的に仕事・人生が変わる思考法の最新版!徹底解説

2020年12月27日

【モチベーションとやる気】成果が3倍上がる!それぞれの上げ方や違いを大公開!

2021年2月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。